トップストーリーキャラクター製品情報特典情報

ギャラリースペシャルブログBBS

ストーリー
"それからの"挑戦ストーリー原作「バンブーブレード」について
New!!シナリオ紹介(ネタバレ注意)

バンブーブレード 〜"それから"の挑戦〜

主人公:石田虎侍(コジロー)は室江高校の剣道部で顧問を務めている。
しかし、元々部活内でのトラブルの責任を取って1度辞職したコジローは、現在は産休中の教師の代理という立場であり、いつまた教職を失ってもおかしくない状況だった。

入学式、始業式も終わり、部員たちがそれぞれ無事に進級を果たした4月の終わり、コジローと、コジローの先輩であり町戸高校剣道部の顧問を務める石橋賢三郎の元へ、高校生地区代表女子チームの監督候補を選出するという話が舞い込んでくる。

候補として名前の挙がっていた成明高校剣道部の顧問、林忠明が辞退したためだった。

2人は相談の末、ゴールデンウィークで二校合同合宿を実施し、最終日に団体戦を行って、その勝敗で監督を決めるという話に落ち着く。

「(珠姫の力で)産休代理から完全復職のチャンスだ!」

と再起に燃えるコジローだったが、それを口にしてしまったがために、『珠姫は強すぎるので決定試合のメンバーには加えない』という約束をさせられてしまう。

結局、室江高校と町戸高校の女子剣道部を合わせた10人と、林の計らいで来ていた小川芽衣を加えたメンバーのなかで、学校に関係なく指導する生徒を決めて団体戦を行うルールになった・・・


(C)土塚理弘・五十嵐あぐり/スクウェアエニックス・バンブーブレードパートナーズ
(C)GADGET SOFT/ACG
"PSP"および"PlayStation"は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です